フラット35借り換えにかかる諸費用とは?

住宅ローンの借り換えを検討する際に、忘れてはいけないのが諸費用です。
住宅ローンを借り換えると言うことは、新たに住宅ローンを組んで現在の住宅ローンを完済するわけですから、新規で住宅ローンを組むときにかかるより多くの費用がかかります。
諸費用として考えられる費用の内訳は、新規で借り入れる銀行に対して支払う融資手数料、住宅ローン締結にかかる印紙税、住宅ローンにかかる抵当権設定費用、登録免許税、司法書士への報酬などがあります。
これに加えて、借り換えの場合は現在借り入れている住宅ローンに対する抵当権を抹消する費用もかかります。
それでも、フラット35の場合は繰り上げ返済手数料や保証料がかからないため、一般の住宅ローンよりは諸費用は低額で済みます。