「冷凍保存方法」の紹介!

残った野菜も捨てないで冷凍する事で無駄がなくなりますよ。野菜の高騰している時は、セール日などに野菜をまとめ買いして毎日のように少しずつ使いたいものですね。野菜を腐らせない様に適切な冷凍方法を学び実践します。このようにして上手に節約してくださいね。怖いものなしですね。「にんじん」の冷凍保存方法について説明しますので、参考にしてください。加熱しないで、そのままの状態で薄切りにして冷凍保存をしてください。

比較的に良く使う形でカットしておくと良いですね。調理の際使い勝手が良くなりますよ。そして、冷凍する時には薄く、平たく、します。このようにして冷凍してくださいね。 何故このようにするのかと言うと、早く凍って早く解凍することが出来ます。<「じゃがいも」について>生のままだと冷凍した時にスカスカになります。使う時は、自然解凍してからポテトサラダ、コロッケなどに使うことが出来ます。

<「きのこ類」について>

洗わないで石ずきを切り落とします。きのこをほぐして保存袋に入れます。それから冷凍します。使う時には凍ったままの状態で調理すると良いですね。<「れんこん」について>酢水にさらしてあく抜きをしてから、水で軽く洗います。 保存袋に入れて冷凍してください。

<「玉ねぎ」について>

丸ごと冷凍しないでくださいね。生の状態でスライスして冷凍庫へ入れます。薄く延ばしてから冷凍しておくと解凍する時にも早く解凍することができます。便利ですよ。

<「トマト」について>

ざく切りにしてから保存袋へ入れて保存してください。使う時には凍ったままの状態でスープへ入れます。それから煮たり、ピザなどに使ったりできますよね。(笑顔)鍋にサラダ油をひいて軽く炒めたものを冷凍保存します。使う時には、自然解凍してしまうとべたつくため凍ったまま炒めると良いです。 ↓こちらのコーンチャーハンとか美味しいですよね~。 私が使っている冷凍玉ねぎと合わせると子供が大好きな甘い仕上がりになりそうなので、明日試してみる予定です♪

参考リンク:節約の味方!主婦直伝の【冷凍ご飯のおいしい使い方!】 | スグ得 鉄板にバターを引き、冷凍ご飯を投入。(カチカチの場合は、多少レンジで温めてもよい。) ご飯に熱が通ったら、コーンを投入し炒め、塩コショウはお好みで。パラパラに炒めたら、最後にしょうゆをサッとふりかけ、香りが飛ばないうちに皿に盛ります。子どもも大喜び。